HOME > 粗大ごみ処分における文京区の行政サービスと、回収業者の事業内容を比較 > 文京区の行政サービスで処分できる物・できない物

処分できる粗大ごみとできないものの違い

 東京都文京区において、粗大ごみとして処分できるものと処分できないものははっきりと分かれています。まず、「家電リサイクル法対象品目」「パソコンリサイクル法対象品目」はそだいごみとして扱えません。また長さが1m80cm超えるものも収集できません。ふとさが30cmを超えるものも回収できません。くわえて、事業活動によって生じる「事業ゴミ」も収集出来ません。
 対して、処分できるものとしては「衣装箱」「椅子」「オーディオ機器」「ガスコンロ」「「こたつ」「敷物」「ホットカーペット」「自転車」「ステレオ」「ストーブ」「扇風機」「掃除機」「ソファー」「机」「テーブル」「電子レンジ」「箱物家具」「ビデオデッキ」「布団」などがあります。処分できるもののなかでも、大きさなどにより値段が変わるものがありますので注意が必要です。

家電パソコンリサイクル対象品について

 家電リサイクル品パソコンリサイクル品については、通常の粗大ごみとして扱う事はできません。東京都文京区では、まず第1に「購入したお店で引き取ってもらう」第2に買い替えの場合は買い換える店に引き取ってもらう」事を推奨しています。其のどちらも不可能な場合「家電リサイクル受付センター」へと連絡することになります。この際「収集運搬料金」と「リサイクル料金」がかかってきます「収集運搬料金」「とは「販売店などが排出者から家電製品を引き取って指定場所まで運搬するのにかかってくる費用のことです。この料金は販売店や、収集運搬業者がそれぞれ独自に設定していますそして「リサイクル料金」とは引取り場所から、リサイクル工場までの運搬や、工場でのリサイクルにかかる費用のことです。料金は製造メーカーによって変わりますので注意が必要です。

事業活動による生じた粗大ごみ

 東京都文京区では、事業活動によって生じた粗大ごみは全て「事業ゴミ」にぶんるいされ粗大ごみとして扱ってもらうのは不可能です。処分する場合、東京産業廃棄物協会に問い合わせをし、収集魚社を紹介して貰う必要があります。こういった場合、手間や時間ばかりがかかってしまうことが多く、また紹介された業者も比較的高額な料金を請求してくることがあるそうです。事業ゴミに関して言えば、量にもよりますが、粗大ごみ収集業者に頼むのが安くて早く、便利ではないでしょうか?粗大ごみ収集業者は事業ゴミでも、家庭ごみでもなんでも回収してくれますので、「これは事業ゴミ」「こっちはかていごみ」などといった分別の必要もなくなり、スピーディに処理することが可能となります。

ページトップへ