HOME > 粗大ごみ処分における文京区の行政サービスと、回収業者の事業内容を比較 > どちらを使う?行政サービスと処分業者

少ない粗大ごみなら行政サービスが安い

 例えば電子レンジ一個。椅子1つ。などといったごく少量で小さな粗大ごみの場合、業者に頼むよりも行政の収集に任せたほうがはるかに安上がりになります。業者に頼むと、最低でも一日名とトラック一台が、其のために動くため、コストはかなりかかってきますが、行政ですと、各地域の粗大ごみを順番に収集してきますので、時間などの指定こそできないものの、数百円で処分することが可能です。このように、ケースバイケース、ものや場合に合わせて、行政のサービスと粗大ごみ回収業者をつかいわけるのも、賢い方法といえるでしょう。どちらに頼むのが安上がりなのかは、粗大ごみの量と種類にわかれますが、10個以上あったり、リサイクル品が多い場合は粗大ごみ回収業者に任せたほうがいいかもしれません。

数が多く大型の粗大ごみなら処分業者に

 数が少ないなら行政のサービスを利用するのがオトクだということはお伝えさせていただきました、では、数が多いとどうなるか? これは行政のサービスでは対応しきれません。そういう時こそ「粗大ごみ収集業者」の登場です。まず、ゴミの数に制限はありませんし、行政サービスが粗大ごみとして扱ってくれない大きなゴミも回収してくれます。もっとも大きな違いは、ユーザーが自分の手を動かさなくても、部屋の中なから片付けをしながら粗大ごみを持ちだしてくれるということです。行政のサービスでは決してありえない事ですが、粗大ごみ収集業者のあいだでは常識的なサービスです。殆どの業者が「粗大ごみ回収」だけでなく「部屋のお掃除」もしてくれます。その上、量が多ければ多いほど、行政サービスよりも安くなる可能性が出てくるのも特徴です。また、まだ使えるものはリユース品として買い取りをしてくれるため、かかる費用も安く抑えることができます。

迷った時は1位の会社に電話!

 行政のサービスにしろ、業者のサービスにしろ、色々と悩むことは多いと思います。とくに、粗大ごみ回収業者は数も多く、会社によってサービスも随分違うように見えます。そういう時はどうするか? これは、ランキング1位の会社に電話して相談をするのがかしこ地選択ではないでしょうか? 電話をしてもし、行政サービスの方がよいならば、そう言ってくれるはずです。業界No1ということは、信用や実績もNo,1ということで、直接のお客様にならなかったとしても、適切な答え。適切な行動を教えてくれるハズです。また、そうでなければ口コミランキングでNo1をとることなど出来るわけがありません。「ぜひ、うちの会社に!」などという強引なセールスの様な事をしてくることはありませんので、電話で相談してみましょう。

ページトップへ