HOME > 粗大ごみ処分における文京区の行政サービスと、回収業者の事業内容を比較 > 回収業者が処分できる粗大ごみ・不用品

どんな物でも、いくつでも処分可能

 粗大ごみ回収業者は、どんなものでも、どんな量でも、必ず回収しきってくれます。文字通りの「ゴミ屋敷」も一日あれば、きれいな一般家庭へと変身!それが「粗大ごみ回収業者」のちからです。しっかりと教育されたスタッフが、手際よく片付けながら粗大ごみを回収してくれますので、見ていても安心感が違います。また、文京区の行政では粗大ごみとして認めてくれないものも、全て回収、処分をしてくれます。例えば引っ越し時に「要らないものと居るものが混ざった状態」で依頼をしたとしても、ユーザーの支持に従い、不要な粗大ごみだけを回収処分してくれるでしょう。また粗大ごみ回収業者によっては、リユース品、つまりまだ使える品は買い取りをしてくれる場合があります。其の際は其の金額分が料金から引かれますのでオトクなサービスと言えます。

一般家庭の粗大ごみ・不用品

 一般家庭での粗大ごみというとどういったものが有るでしょうか? 「テーブル」「椅子」「ソファー」「タンス」「掃除機」「洗濯機」「冷蔵庫」「パソコン」「エアコン」・・・まだまだ上げていけば切りがありません。しかし、そんな切りのない粗大ごみも、粗大ごみ回収業者の手にかかればあっと言う間に片付いてしまいます。もちろん「粗大ごみ」の分類ではないようなゴミも回収、処分してくれるので、たとえば古着などでも安心です。ただし、エアコンを外す作業や、エレベーターのない高層階などでは、追加料金が発生することもありますので、事前にしっかりと見積で確かめておきましょう。基本的に、きちんとした業者は、事前見積以上の金額を要求してくることはありえません。

事業者のオフィス家具・什器など

 事業をおこなうことによってはっせいする「粗大ごみ」は行政では粗大ごみではなく「事業ゴミ」ものによっては「産業廃棄物」に分類されます。これらは行政を通じて処分するとなると、かなり煩雑でコストの見えない作業になってしまいます。また、オフィスの引越などの際にでる余分な什器など、始末に困るものも少なくありません。
 しかし、粗大ごみ回収業者では、オフィス家具も、什器も、大量の書類も、全て一気に回収してくれます。事業をしているということは、一刻も早く通常業務に戻りたいものです。一日でも遅れるとその分売上が減ってしまい営業不振になります。そのため、一日で全てを片付けてくれる粗大ごみ回収業者は強い味方といえるでしょう。

ページトップへ