HOME > 粗大ごみ処分における文京区の行政サービスと、回収業者の事業内容を比較 > 粗大ごみ回収業者の選び方と活用方法

スタッフ教育がしっかりしている会社を選ぶ

 粗大ごみ回収業者は、とてもたくさんあります。選ぶ基準も人それぞれでしょうし、必ずしも口コミランキングNo1が全てのユーザーにとってNo.1というわけでもないでしょう、しかし、ここだけは抑えておきたいというポイントが有ります。それは「スタッフ教育がしっかりしている会社を選ぶ」ということです。どんなにサービスを展開していても、スタッフが教育されておらず、其のサービスが十分に発揮できなければ意味がありませんし、スタッフの態度や作業に腹を立てる事も有るかもしれません。きちっとした会社は、スタッフの教育もきちっとしているのが当然です。もしも、適当な作業しかしないスタッフにあたってしまったら、作業をやめてもらい、会社にクレームを付けることを考えてもいいかもしれません。

見積もりに承諾してから搬出する会社を選ぶ

 粗大ごみ収集業者にも色々ありますが、見積がはっきり決まりきっていないのに、搬出をし始めてしまう会社も有るようです。そういう会社の場合、要注意です。作業を進めていくうちに見積もりにプラスされたり、最初の見積にない金額を請求されることもあります、しっかりとした会社であれば、しっかりとした見積を出し。其の見積で全ての作業を行ってくれます。逆にそうでない会社はサービス自体も期待できず、大切な家具を傷つけてしまったり、粗大ごみでないものまで搬出しようとしたりといったミスが有るかもしれません。細かい事を言うようですが、しっかりとした会社、しっかりとしたサービスを出来る所は、はじめからきっちりしっかりしているものです。

リユースをしてもらえる業者を選ぶ

 粗大ごみ回収業者を選ぶ際に気をつけたい事の1つに「リユース(買い取り)」をしているかどうかがあります。ユーザーに取っては不要品でも、まだまだ使えるもの、そういうものを買い取り、費用から弾いてくれる社会は、コストを掛けたくない場合にはとても有効だと言えます。また、粗大ごみも、ゴミとして捨てられるのではなく、新たな場所で使用される事のほうがきっと幸せなはずですし、なにより、地球にやさしいと言えます。ただ、捨てるだけではなく、買い取ってもらうことで、お財布にもエコ、再利用することで地球にもエコ。WIN=WINのお話ではないですが、色々なものにとって良い事ばかりですので、ぜひリユースに対応した会社を選んでください。

ページトップへ